自然災害メニューがすべて揃った日本。
特に地震によるライフラインの切断、停電などの問題が以前よりクローズアップされるようになりました。
2011年3月11日の東日本大地震による津波、福島原発の3重災害を経験した各市長村は現状の仕組みでは飲料水、生活用水の確保に大きな欠陥があることを改めて自覚させられることになりました。
飲料水に関しては各自治体が日頃より備蓄の確保を行っており、交通手段さえ確保できれば住民への配給はそれほど困難ではありません。

しかしトイレの排水、風呂などの生活用水に関しては交通網の遮断、給水車の確保など各種困難な実態に悩まされています。

これらの前例を教訓とし、各自治体では地下水の利用を推進しており多くの自治体で防災井戸の設置、および住民が保有する井戸の把握を実施し、協力井戸という名称にて関係地域の井戸マップなるものを公表し災害時に住民が生活用水を確保できるような体制作りがなされつつあります。
ガラッパは40年来アフリカ砂漠地帯の厳しい条件下で10万台以上の納入実績を誇り、住民に生活の水を提供してきたポンプを日本での防災ポンプとして新開発したポンプです。
地震などの災害時に電気がなくても地下水が汲めます。しかも地殻変動でも問題なしの耐震構造。
ヨーロッパで生まれたロッドがないポンプ。水がロッドの役割を行うので地下部分に消耗品がありません。

このポンプは"日本国内に限定したポンプであり国外で使用した場合、一切保証はございません。"
ガラッパポンプはフランスVergnet Hydro社の特許技術(揚水深度10~120Mの深井戸用人力ポンプ)により製造されました。
地震・災害・停電・断水。そんな緊急時に威力を発揮!
設置も簡単な高品質ハンドポンプです。
詳細はこちら≫
災害時にもたいへん役に立つ!子供でもカンタンな操作で地下水を汲める高品質フットポンプです。
詳細はこちら≫

メ デ ィ ア 情 報

フランス大使館よりプレスリリース!ご好評をいただいております!

2014年6月1日 月刊油空圧技術6月号
2014年5月23日 建設通信新聞
「【ガラッパ】震災時に威力発揮!
深さ40mの井戸から汲み上げ可能な人力ポンプ」
2014年2月18日 フジサンケイ
「災害時水対策に最適な井戸ポンプ「ガラッパ」
据付簡単、使いやすく、メンテナンスも安価!」
2014年2月13日 日刊工業新聞掲載
「フランス大使館、災害時水対策に最適な井戸ポンプ
「ガラッパ」を日本各地域でパートナー募集」